『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『理解・分解・再構築』
高校の頃物理選択だったため、
大学に入ってまともに生物を受けだしたのですが、
その内容に驚き戸惑っています。



人間はもちろん、
生き物の身体構造は人類が想像し得るより
遥かに複雑で効率的な仕組みになっている。


ある物質の体内での代謝の仕組みを図示した表一つをとっても
眩暈がするような多数の矢印で示された物質・器官を経て、
ようやく吸収され得るものに変化したり、
エネルギーとして取り入れられていく。



もちろんそれを研究して図示できるようにした、
先代の科学者たちも尊敬に値するのだと思うのだけれど、

(おそらく)進化の過程で
それほど複雑な仕組みを作り上げていったものは

(遺伝子と呼ぶものか、はたまた別のものなのかは、まだよく分からないんだけど)

とにかくもっとずっとすごい。



これだけ科学が進歩した現代においてさえ、
人類が知っている世界のことは
まだほんの一握りなのではないかと思う。



例えばもっとマニアックなことを言えば、

原子の電子配置一つをとってみても
その原理は解明の及んでいない範囲のもので、

その存在は認められるものの
それが何であるのか理解できない我々は、

便宜的に法則を当てはめ、
それに当てはまらないものはとりあえず
”例外”と呼ぶしかない。





「鋼の錬金術師」の一つの大きなテーマであると思われる
人体練成と呼ばれる禁忌の術。

これは人類が遂げたことのない大いなる術ですが、
今まで成功し得なかった理由の一つに
人類が本当に人体を”理解”していないこと
が挙げられるのでは、とふと思いました。

(他には地上において人の”魂”と同等のものは何であるのか、
 という普遍的問題も挙げられるかと)

錬金術の基本は
理解・分解・再構築

(私的解釈として、再構築する際
 造る物質も理解していなければならないと思っています)


あちらの世界での医学を見る限り(錬金術の応用など)
でも仕組みはとっても不思議
それなりに進んでいるのだとは思うけれど
科学技術の進度の具合などから思うに
今のこちらの世界より進んでいるということもなさそう。

そうするとやはり人体に関する解明も同じか以下か。


人体、ひいては自然界の現象を全て”理解”できるようになったら
もしかしたら人体練成は不可能なものではなくなるのかもしれません。



でも、もちろんそんなことは到底無理です。






あるいは、
エドワードとアルフォンスに求められた”代価”
さも全てを理解したかのように振舞いだした傲慢な人類への
警告なのかもしれないと、ふと思う今日この頃。


more…
スポンサーサイト
【2005/05/14 23:15】 鋼錬雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『戯言』
久々に映画「The Sound Of Music」を観ました。
こ、こんな時間まで…!?


大好きでつい最近DVDがものすごく安くて買ったのですが、
なかなか観る暇がなく今頃…

やはり何度観てもいいなあ。
(ちなみに劇中で歌われる歌のCDも持っています…)



でも、もう随分以前に本国オーストリア人はこの映画を観ないと聞いたとき、
少なからずショックを受けました。
それは確かに彼らは亡命者ですから、
国を“捨てた”言わば裏切り者になるわけで、わかるんだけど…


映画には政治や社会情勢が反映することが多いものですが、
なんのしがらみもなくいい作品を観ることができる日が来るといいのに、
と無理を承知で思ったりもします。








それはともかく、
私はうっかり忘れていたことがあったんです。


トラップ一家のお父さんは大佐だったんですよね、そういえば。
そう、トラップ大佐
繰り返さなくていいから


純粋に作品に感動しながら、
頭半分が勝手にロイ×エド妄想にいってしまった自分が
正直嫌でした…

more…
【2005/05/05 02:24】 ロイ×エド雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。