『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『筋肉についての考察』
「筋肉とは流動的なものである」

と、とある作家様の文章で読んで以来、
一応伏せてみた。彼女の解釈とはきっとまた違うのだろうで。

ついついヒトの筋肉(の動き)を目で追ってしまいます(←危)


概ね「そうだな」と思うことが多くて、

あまり筋肉質な人、

はっきり言ってしまえばアームストロング少佐のような

マッチョ体型は実は苦手なのですが、

(注:少佐自体は好きです)


やはり男性の筋肉は何か特別な魅力を感じます。

(念のために言うと性的な意味ではありません。
アクマでもの書き兼科学かぶれ人間として。)



その作家の影響も大きいのですが、

私が一番カラダとして美しいと感じるのは…

省略して、(え?)

2番目は成人男性(具体的に言うと青年期辺り)です。

大体私は女性の体を文章で書くのが大の苦手。

なんていうか、…無駄な脂肪が多くて書きにくい。
(↑ていうかそれは自分の話だろ!)

そのせいで筋肉の動きなんて見えやしないし。

(くどいようですが性的な意味でも
人間としての好き嫌いという意味でもありません。
むしろ人間的には私は女尊男卑傾向かも…)


…なんかこの文だけ読むと耽美傾向の人間か、
はたまたただの変質者のような発言ですね…
(友人に「この変態!」と言われてももう何も言い返せないよ…)


いやでもこれは本当にただのもの書き気質というか、

医者がいちいち異性を意識していたら仕事なんてできないでしょ!

なレベルの話なので…!

…いえ、弁解は見苦しいのでやめます…

所詮友人に

「色気のある文章を書きたい」

とか

「○○○○シズムを追究したい」

とか言って返答に困らせる人間なので

もう仕方ないと思ってください…(←オマエ…)




何でこんなことを書き出したのかというと、

先日何故か物理の時間に教授の研究室の院生の方の

ギター演奏を聴くことになり、

最初はじーっと演奏を一心に聞いていたのですが、


…気が付いてしまったんです、

彼の腕の筋肉の動きに。

(無駄に倒置法)



そこで脳裏に蘇ったのが冒頭のフレーズ。

なるほど確かに筋肉のあの隆々とした凹凸の動きは

流動的だと表現したくなる。

特にギターでコードを押さえるのって

けっこう指の伸縮やら力が必要なので、

普段から弾きつけている人の筋肉というか筋というか腱というか、

とにかくはっきり見て取れるのですよね。

同時に昔習っていたピアノの先生の手の甲に顕れる

指の筋(腱?)も思い出しました。

日常生活では普通親指と人差し指しか使わないので、

一般人は残り3本の指の筋がくっついたような

状態になっているのですが、

先生の指の筋は1本1本はっきりとわかります。


きっとそれと同じような原理なのだろうなあと、

思わず演奏そっちのけでその動きに見入る私。(危険人物)





…で、そんなことをしてしまったせいか

急に気になりだしたのが

我らが(?)マスタング大佐の筋肉でした。


(以下例に漏れず話がそっちの方に転がりそうなので
 うんざりだという方はどうぞ避けてください…)

(そっち=ロイ×エド)

more…
スポンサーサイト
【2005/10/16 22:56】 ロイ×エド雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『鏡の中の』
大学の自由選択科目で、
選択しようとしていたものが休講でした。

しょっぱなから休講って…
と少々出鼻を挫かれた感を覚えつつ、

すごく興味津々な内容なので
それを履修するつもりなのですが、
(※例の如く語学系の科目です)

もう1つ気になっていたものがあったので
1回目はたいていイントロダクションなので、
友人に誘われものの試しに行ってみました。


そちらは文学研究っぽい科目で、
テーマは「鏡の文学誌」

(面白そうじゃないですか!?)


教室に入ってこられたのは
初老の男性教授。
(なかなか好感触)

授業の進め方や評価方法の説明の後、
ちょっとだけ具体的に授業方針の話に。


金属の鏡ができる前にあった、
身の回りの鏡とはなんでしょう?


これはすぐに分かると思うのですが、水鏡
(ナルシスのお話とか)


ここまでだったら普通(?)の授業と言うか、
あまり気にとまらなかったのですが、
重要なのはこの後。


その教授がこう仰ったのです。







「ああ、もう1つ身の回りの鏡がありましたね。

誰かと向かい合ったときの相手の瞳
































……かっこいいーーーーーーー!!!!


『相手の瞳に映る自分』って、

当たり前のことなんだけど、

鏡という神秘性をもつものとして挙げられると

なんだかとても数倍素敵に思えてきます。


…どうしよう、かなりぐらついてしまう…
(でももう1つのもとても面白そうなんです…)



more…
【2005/10/07 21:35】 ロイ×エド雑談 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。