『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『男心』
最近友人に借りた本に


「男性が言う『愛している』と言う言葉には
 『最後には必ず君のもとに帰る』という意味が込められている」


というような内容のことが書いてありました。



女性にとっての『愛している』は
『いつでも常に君の事を何よりも一番に考える』

という意味だから、ここで男女の誤解が生じる、

ということらしいです。


この言葉に含まれる意味の違いというのは
もともとの男脳と女脳の差異がもたらすものであって、
ある意味しかたがないものなのだそう。


↓ちなみにこの本です。


恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか 恋愛脳―男心と女心は、なぜこうもすれ違うのか
黒川 伊保子 (2006/02)
新潮社

この商品の詳細を見る





これを読んではっとしました。


※以下はお約束の展開なのでそれでもいいという方だけどうぞ。
more…
スポンサーサイト
【2007/06/25 00:05】 ロイ×エド雑談 | トラックバック(0) | コメント(1) |
『勘弁して~!!』
もっと別の話を書こうと思っていたのに
それを忘れてしまう衝撃(?)の出来事が…



先日ノーマルな大学の人たちとの
飲み会があったのですが、

何でそんな話になったのかは
いろいろ問題があるので割愛しますが、


「少年」という単語が連発。



しかも言っているのが


30代後半の男性(見た目おじさん)。

(歳の離れた大学の友人なのです)






少年フェチの私の前でその単語を、

しかもおじさんが…!!



や-めーてー!!!(かなり本気)



あまりの過剰反応(必死で笑い転げてました)に
驚く周囲の人々。
(私にしては珍しい反応…だったらしい)



私の複雑な心情を知らない友人たち、
(↑そりゃわかんねえよ!)

単にツボに入っただけだと思ったらしく
上記の友人が何回も言ってくるので遂にキレて(?)



「少年は特別なの!」


と言ってしまいました…



…普通にダメですよね、この台詞…

やばいなあ、なんか誤解されてたらどうしよ…
(自業自得)


最近エドワード萌ばかりでうっかり失念していたけど、
やはり少年は私の聖域らしいです。


だから安易に話題にしちゃダメなんだってば…!
もう。



…いつかその場にいた女の子の友人につっ込まれないか心配です…
【2007/06/24 14:36】 ぼやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。